薄毛治療をするなら|harg療法でフサフサの髪の毛をその手に

harg療法でフサフサの髪の毛をその手に

薄毛治療をするなら

男の人

aga治療とは、抜け毛を予防して発毛を促すことで薄毛改善を目指す治療のことを言います。aga治療には大きく分けて二つのタイプがあります。その一つは投薬による内科治療で、もう一つは施術による外科治療です。最初のカウンセリングによって、それぞれに適したaga治療が決められていきます。投薬治療で使われる薬の代表的なものとして、プロペシアという内服薬が挙げられます。これは、飲むことで体の中から発毛を促すことができる薬です。また、これと同時に頭皮に塗布するミノキシジルなどの外用薬が処方されます。外科治療によるaga治療では、頭皮に直接注射で成長因子を注入する施術や自身の細胞を頭皮に移植する自毛移植などの施術方法が採用されています。

薄毛は体質的なもので一生治らないと誤解されがちですが、専門のクリニックで治療を受けることで改善することが可能です。遺伝的な薄毛でない場合には、食生活の見直しや頭皮の正しいケア方法を知ることで改善することもできます。いずれの場合も専門医による診療とカウンセリングが必要になるため、気になったら早急にaga治療を始めることが大事です。投薬による内科治療を受ける場合には、効果を実感するまで継続して通院する必要があります。一度効果が出たら長持ちするため安心です。外科治療の場合は即効性が期待できるため、すぐに薄毛を改善したい場合に適しています。一定の効果が出るようになったら治療は終了となりますが、その後も定期検診が行われるなどアフターフォローも充実しているため安心です。