AGAと向き合う|harg療法でフサフサの髪の毛をその手に

harg療法でフサフサの髪の毛をその手に

AGAと向き合う

男性

脱毛症

脱毛症にはいくつかの種類があり、大きく分けると一時的に脱毛が起こるタイプと進行していくタイプに分けられます。男性型脱毛症(AGA)は後者のタイプで医学的にも進行性の病気であると認識されています。ちなみに前者のタイプでは円形脱毛症などがあげられます。脱毛症の治療は基本的に皮膚科が専門で、円形脱毛症は保険で治療が受けられますが、AGA治療は保険適応外です。病気であるにも関わらずなぜAGAが保険治療ではないかというと、日本では保険適応の対象を生命活動に支障をきたす病気やケガの治療に限定しているからです。自由診療とは言えAGA治療をすると進行を抑えることができるので、薄毛が気になる人は専門医に診てもらう方が良いでしょう。

クリニックの選び方

AGA治療を始めるにあたってはクリニック選びも重要になってきます。AGA治療は自由診療なので、同じ薬でもクリニックによって料金が異なりますし、診察料などにも違いが出てきます。また、頭髪を専門にしたクリニックの場合は独自の治療法や頭皮ケアなどのサービスを提供していたり、増毛や植毛と言った自毛以外の発毛方法を取り入れているなどそれぞれに特色があります。多くのクリニックでは治療の有無にかかわらずカウンセリングは無料で受けられ、脱毛の原因や頭皮の状態なども調べてくれます。治療費や治療方法だけではなく、院内の雰囲気を確かめるためにもいくつかのクリニックでカウンセリングを受けあとに治療先を決めると良いでしょう。